Nakayoshi Hot Old's Association.

NHOM9の開催内容へジャンプ

昭和の旧車が好き

昭和に誕生した日本車(4輪車)に魅せられて、同じような想いを抱くメンバーで集まってみました。

時間とお金と相談

フツウの生活を送る中での『旧車アソビ』ですので、時間とお金の許す範囲でゆる~く活動しております。

2年に1度くらいは

元々は毎年だった旧車ミーティングイベントですが、2年に1度くらいは!?っと継続して開催しております。


Nakayoshi Hot Old's Association


●発足について
大半のメンバーがまだ20代だった頃、静岡県菊川市界隈の旧車好きが自然発生的に集まって活動し始めたのがきっかけでした。パーツの情報を交換したり、修理方法やカスタムのやり方なんかを熱く語ったり、つるんでツーリング的な事も幾度となくやったものです。冗談交じりで某国のDレース団体の頭文字に似せて作った"集まり"が、こんな風に発展した事については、ホントに嬉しい誤算だと痛感しております。

●活動内容は?
元々が"ノリで始まったアツマリ"だったので、現在も会規だとか定例会だとかいった硬い物はなく、ユル~い雰囲気で 強~く繋がっていて、気が向いた時にスケジュールの合うメンバーで簡単な催しをしたりしております。
但し、イベントの半年位前からは休日をかなり返上して準備に当たっており、この時期の準備活動こそがNHOAの存在意義のような一種錯覚に当事者達は陥っております。(あながち間違ってもないかと・・・(苦笑))

Face Book Pageをみる!FBページをみる ブログをみる ブログをみる

WE'RE ALL NAKAYOSHI


とにかくこの『ナカヨシ』というフレーズを大切にしながら、
これからもユル~く続けていきたい!と考えております。



NAKAYOSHI HOT OLD'S MEET



『ナカヨシ・ホット・オールズ・ミート』(我々が企画している旧車ミーティングイベントの呼称)

●イベントに関して
近県の、関東~東海~関西の、否 全国の旧車好きと交流するにあたり、出向いてばかりでも芸がない・・・、いや待てよっ!! 地の利なんて要素を考慮したら、地元でイベントを開催しちゃった方が自分達好みの内容で 偏りなく(ココ表現が難しいです)実現できちゃうんじゃないけ~!? 元々はそんな軽い気持ちではじめたミーティングイベントだったのですが、思えば大きく育ってくれたものです。

当初は毎年1回開催しておりましたが、規模拡大への負担増や構成員wの公私共の時間不足、コンセプトや価格を悪戯に変えたくないという思い 等から、現在は2年に1度の開催とさせてもらってます。

 

The 10th NHOM 2017


Nakayoshi Hot Old's Meet 2017 Caution

長文になりますがナカヨシの継続や車イベントの今後について大事な事が書いてあるんでおつきあいください。

今さらですが 新年あけましておめでとうございます。

2017ナカヨシ日程決定まであと数日ですね、スタート時に赤ん坊だっただった団長(スキンヘッドのガラが悪い人ね)の長男坊がもうすぐ高校生とあっという間の十数年間で10回です。

十数年たつと 当時若かったスタッフ・メンバーも人並みに所帯をもち子供ができ、独身でも仕事や地域でも中堅となって、平日は遅くまで仕事 休みは子供の相手と家庭の用事と・・しかも体力は落ちるし(笑)老眼だし(苦笑)、自分の時間はほとんど無くて自慢だった旧車達も放置気味と・・
規模の大きなイベントを運営していますが中身は日本中の普通お父さんやお母さんや同世代の人と同じなので家庭と仕事を調整して隙間を作ってミーティングしたり準備しているのが現実だったりします、ナカヨシブログの準備風景は能天気に楽しくやっている様に見えちゃいますが、あれはほんの一部で見せてない地味な部分が以外と多くて規模と比例して準備はすごく大変ですよ

正直 何度も辞めれば楽だろうなって考えちゃうくらいで、費やす時間が多くて真剣になればなるほど色んな思いがグルグルと、まあこんなのは僕だけじゃなくてナカヨシメンバー・スタッフも他の主催者さん達も同じなのでしょうけどね。

でも時間作って一生懸命やればやるほどNHOMが大切な存在になる のと同時に、外的要因で継続できない事ほど辛かったり憤りを感じることはないのです、簡単に言うと車イベントなんで事故や会場内(周辺)での暴走行為(空ぶかし・ラッパなど)やギャラリーの駐車マナーなど挙げればキリがないのですが、それらが原因で継続不可ほど悔しい事はないのでそれらに対しては細心の注意を払って対策しています。

皆さん知ってると思いますが今まで継続してきたのにダメになったイベントのほとんどの原因がエントリーしてくれる方々でなく(ありがたい事にナカヨシ含めエントリーしてくれる皆さんのマナーは抜群です)、ギャラリーの暴走行為や路上駐車などの迷惑行為の原因がほとんどで、近隣住民から多数の苦情が寄せられた会場側が主催者に対して『次回はもう貸せません』で終了・・
ネットが普及しすぎた現代では苦情やクレームにたいして会場側は非常に神経質で、対応を誤ると上部団体へ飛び火したりSNSでは簡単に炎上と恐ろしい世の中なので会場担当者が次回の主催を断るのは無理もないです。

前置きが長くなりましたが以下が開催の危機の内容です。


今回のナカヨシ(NHOM10)は 開催にあたって上記同様な事案があり一年ほどかけてメンバー全員で本気の話し合いを何度も行い会場側と何度も交渉を重ねて開催にこぎつける事ができました。

暴走行為対策や暴走族車両お断りは一回目から行なっていたので問題もおきてませんし苦情も今のところ皆無ですがギャラリー(見学者)駐車場のマナーで苦情が多数あ り『残念ですがナカヨシさんには次回は貸せません』と・・
会場入口反対側のトイレのある駐車場はスポーツ利用者専用でナカヨシのギャラリー(見学者)は駐車できません。と毎回看板も掲げてありNHOAのWEBでも案内してあります。(気が付かなかったなんて子供みたいな事は言わせませんよ)

前回の朝は雨でグランド利用のスポーツ団体がスタートを遅らせたら駐車場に入れない苦情が多数ありました。
監視カメラで確認すると駐車場内満車、当日はグランド利用団体が遅れてるのでナカヨシ見学者しかいないはずで旧車や車好きが乗りそうなのがズラズラと目立つし、あげくのはてには日産のジェントルな旧車クラブが勝手にオフ会してるし…
100歩 いや 1000歩 譲って普通のミニバンとかファミリーカーで来て溶け込ませるならまだカワイイが(ホントはダメだよ)、目立つ旧車(それに近い車も含む)で来て”ココに置いちゃダメ”って場所に置いたり、目立つようにズラッと並べたら そりゃこっちに名指しで苦情きますよね、オレくらい一台くらいいいだろってのが大量になった結果なんでしょうが、いずれにしても僕達主催者側から言わせると開催の危機になるダメってことやっちゃうんだから暴走行為と全く同じで正直迷惑です。

僕らNHOAのナカヨシホットオールズミートは営利目的ではありません、みなさんから頂くエントリーフィーは運営費用で消え、運営スタッフには誰一人として日当なんてなく一番時間を費やしてるはずの自分でさえも 一円も得えていません、ショップの看板や主催スポンサーやイベント会社も絡んでいません なのでしがらみもいっさいありません。

たまたま知り合った仲間同士で趣味を越えて ”本気の大人の遊び”として運営しております。
たったの一日ですが 遊びだからこそ楽しく過ごして欲しくてメンバー・スタッフ全員 年甲斐もなくがんばっちゃいます。
おとずれてくれる皆さんはお客さんではなく同じ臭いのする愛すべき仲間だと思っています、『遠くからありがとう!』『お疲れ様!気をつけてまた!』はお客さんとしてではな、わざわざ遠くからガソリン使って遊びに来てくれる仲間に対しての挨拶なんですよ。

だからこそ みんなが楽しみにしている遊び場(他のイベント含む)をつまらなくしちゃったり台無しにしちゃう人は たとえ同じジャンルや同車種でも仲間じ ゃないし、ナカヨシでは歓迎はしない。

地方の小さな旧車クラブが大きな事を言ってすみません でも主催しているかこそ感じる危機感と不安感があります。
もちろんナカヨシを守りたい気持ちもデカイですが日本中の趣味車イベントが同じ状況なのです。

今は10年前と違ってカッコ悪い暴走行為や騒音やオレ一人くらいの迷惑行為や迷惑駐車が車イベントをダメにしちゃう時代、問題になって苦情が増えれば増えるほど警察の締め付けも厳しくなるはずだし、そうなれば公共も民間も会場側はどこも貸さない、会場がなければ趣味車イベントは全てできなくなるから日本から趣味車イベントが消滅するよ。

クルマを趣味としている全世代のみんな一人一人が考えて行動しないとツ マラくてイヤな時代が来ちゃうよね。

with PURE PASSION


私達のイベントは基本的に "手作り" とか "持ち寄り" で成り立っております。
例えばアワードトロフィーも、数人のメンバーが心血注いで作った手製です。


NAKAYOSHI KEY MEMBERS






KENJI

愛車:510ブルーバードとランクル60
旧車趣味に入ったのは時間だけはある金欠学生時代。(笑) 同級生らと峠に走りに行きたくて たまたま出会ったのが510。 当時は部品調達も仲間や解体屋で格安カスタムができたし、何より車体価格は1万5千円! 今思えば旧車趣味には良い時代でしたね。 地元に戻ってもブルーバードのおかげで やっぱりそんな仲間ができて、結局学生時代からやること変わらず現在に至ります。 趣味の範囲を超えないですが、イベント開催はもちろん本気です! 打ち上げの旨いBEERと好きな車達への恩返し。なにより参加者みんなと仲間に笑顔になってもらうため。。。


KAZUMICHI

愛車:黄色いチャリ
高校からの同級生K君が310サニー(丸目)を格安で手に入れた!キャブ組んでマフラー替えてシャコタンにして…。どんどんカッコよくなっていく!俺もあんなおもちゃ欲しい (^-^)そう思って探したハコスカを手にいれてから、旧車趣味の泥沼にはまり現在に至るアラフォー男です!


Please Contact Us

イベントに関する内容など、お聞きになりたい事がありましたら、Eメールでお願いします。
<何とか数日内にお返事いたします>

Contact Us



Fun to Slow Life


「イベントに来た方々にも ゆったりと過ごしていただきたい」とスタッフ一同考えております。



NHOM EVENT REPORTS




8th NHOM Report
7th NHOM Report
Take a Look
6th NHOM Report
Take a Look
5th NHOM Report
Take a Look


As Time Goes By


時が経つにつれて、変わる? 変わらない? があるわけですよ。クルマも人間も・・・



Please Check New Information





NHOA Official Blog

Since 2007.

イベント前後だけは濃密なブログですw

イベント前後は、メンバー交代制(当番制)で次々に書くようにしておりますので、是非ともチェックしてやってください。特に直前はかなりの密度で書かせてもらってます。w

終了後はおぢさん達の電池も切れ、更新頻度が下がっていきますが、何卒 長い目で見守ってあげてくださいませ。

ブログをみる ナカヨシ ブログをみる

Face Book Pageをみる! FBページをみる


Link Sites

Our Neighbors etc.

厳選リンク集

On The Road Magazine - Web
あのGAOさんが手掛けるフリーペーパーのサイト

Cruisin'
アメリカ的クルマ文化を楽しむ雑誌 Cruisin'

Maki's Hands
日本を代表するハーモニカ奏者『山口牧』さん



Copyright 2015, Nakayoshi Hot Old's Association All Rights Reserved.
Created by BlackTie.co - Copyright 2014